2011-10-17

レジスタが足りない!っとSSEでプロトタイプを書き起こし中。
解像度が大きいと40%くらいは縮みました。結構やるじゃん。
仕様上、50%以下にはなりません。もうひとつ処理を加えると最大1/256までいけますが、
自然画というかリアルっぽい画像だと0.1%以下しか影響がなかったので使用見送り。

引っ越して部屋がかなり広くなったので、色々買う予定。
そんなわけで、RDT233WX-3Dを導入。HDMIケーブルがなかったのでゲームな立体視は体験してません!
立体視ドライバがなんかHDMI接続じゃないと駄目っぽいんですよね。
インターリーブのデータ流すだけなのになんでHDMIなんだろ。
あと、基本このモニタは縞々が見えます。ずっと見ると脳内補完で見えにくくなるという。
付属の偏光メガネは、標準的なサイズの眼鏡の上に装着することは可能。
ゲームがインターリーブで映像作ってくれれば、ドライバなしでもいけるのにな~。
それと、ドライバはテンキー有り前提のキーマップだったりするが、
私のキーボードはテンキーレスで操作ができないのでしたorz

0 件のコメント:

コメントを投稿